歯科衛生士とは 歯科衛生士の仕事とは?

歯科衛生士の仕事とは?

歯科衛生士のお仕事をあらためてご紹介致します。


お口のケア(口腔ケア)は、健康的な生活を送るうえで欠かせないものです。

食べ物からの栄養摂取はもちろん、美味しさを感じる味覚も、円滑なコミュニケーションに欠かせない笑顔も、すべてお口の健康があってこそと言えます。

歯科診療も治療から予防への時代、歯科衛生士の仕事は「全身の健康を守る」仕事として末永く社会に貢献できる仕事でもあるのです。

歯科衛生士は、歯科予防処置・歯科診療補助・歯科保健指導など専門性の高い知識と技能を要する国家資格の専門職となっています。
 

歯科予防処置

1.歯科予防処置

歯科予防処置として、歯垢(プラーク)除去や歯石除去などからフッ化物塗布など薬物処置までの医療技術を施します。
「虫歯」と「歯周病」が、二大疾患となっていますので、まずはこれらを予防する技術が求められています。
 

歯科診療補助

2.歯科診療補助

スムーズで確実な歯科診療では、歯科医師の補助は欠かせない業務です。

専門知識と技術を持った歯科衛生士さんの存在は、歯科医師にとっても患者さんにとっても非常に心強い存在です。

歯科診療でも患者さんとのコミュニケーションは治療から完治、そして予防に到る過程では欠かせないスキルと言えます。

また患者さんと歯科医師の信頼関係を築くサポート役という立場も求められています。
 

歯科保健指導

3.歯科保健指導

「虫歯」と「歯周病」は、いわば生活習慣病です。
しかし予防の知識があれば確実に防ぐことが可能なことでもあります。

しかし実際は、専門的な口腔ケアの情報は幅広く知られていないというのが現実でもあります。
そこで、子供からシニア世代まで、各世代に渡って歯科保健指導は非常に重要な仕事でもあります。
また、最近は訪問介護の現場でも口腔ケアは重要視されています。

一生涯に渡って活躍できる仕事

歯科衛生士の仕事は、一生涯に渡って活躍できる仕事です。

歯科衛生士が活躍する場所は、歯科医院・歯科クリニックが中心ですが、現在は保育所・幼稚園・小中学校・地域の保健センター・介護保健施設・訪問介護の現場など・・・
求められるステージがどんどん広がりを見せております。

国家資格のため出産や子育てなどブランクがあっても復帰が可能で、経験とキャリアが増々求められる分野です。
また、年々求人の数が増加する分野でもあります。

社会全体から今後の活躍を大いに期待できる数少ない分野の仕事が歯科衛生士です。

ご興味を持った方は、ぜひチャレンジしてみてください!